加齢臭 オヤジ臭 原因 消す

30代でも始まる加齢臭

 

30代なのですが、早くも臭いと言われ、

 

それが加齢臭であることがわかりました。

 

人によってはワキガ等の元々の体質的なものもあるかもしれませんが、

 

私はそのようなことはなかったので、言われて初めて

 

「これが加齢臭というものか...」と。。。

 

自分の体臭というのは中々気付けないものですよね。

 

例えば他人の車に乗るとすぐに独特の車の臭いを感じますが、

 

自分の乗りなれている車や、

 

自分の部屋の臭いは嗅覚が中々反応してくれません。

 

それと同じように自分では中々気づけないのも加齢臭の特徴といえるかもしれません。

 


加齢臭の始まる時期の平均は?




  若い時にでも加齢臭は起こる

 

加齢臭は中高年からと思っているという方も多いようですが、若い人でも加齢臭になってしまうという方もいるようです。

 

そもそもこの「加齢臭」という単語自体から連想できることばが、若さは全く感じませんので、その様な認識になるのも無理は無いと思うのですが、、、

 

若いといってもこの加齢臭が増加してくるのは20代の後半から増加していく傾向にあるようです。

 

 

 

  女性でも起こる加齢臭

 

やはり男性の方が皮脂の分泌量が多いことから、割合的には少し男性の方が加齢臭の割合というのは多いものの女性の加齢臭もかなり多いと言われています。

 

しかし、男性に比べると、女性の方が周囲が指摘しにくいという状況もあるようで、自分の加齢臭に気づくにくいという事もあるようです。

 

また加齢臭はオヤジ臭といわれる位ですから、女性は油断しやすい側面もありますので要注意です。

 

 

 

  一般的な加齢臭の開始の年齢

 

加齢臭の開始時期は若い時からも人によっては出てくると記載しましたが、一番多く加齢臭が発生してくる年齢は40代前後と言われています。

 

この時期からは自分でも気付けない臭いがでている危険性もありますので、注意が必要です。

加齢臭の原因となるもの

 

それでは加齢臭の原因となっているものについて調べて行きましょう。

 

加齢臭の原因は『ノネナール』という体臭物質です。

 

聞きなれない単語かもしれませんが、この『ノネナール』という体臭成分が

 

先述の40代前後にかけて分泌する量が増えてくるというのが原因です。

 

『ノネナール』の臭いが若いころのただの汗くさい臭いであれあば「あんた汗臭いよ」でシャワーを浴びれば済むことですが、

 

もちろんそんな都合のいい臭いでもなく「オヤジ臭がする」と言われてしまう所以になってくる訳です。

 

つまり簡単には取れない臭いなのです。

 

その理由は原因の『ノネナール』が毛穴のから中々出てくれないということにもあります。

 

 

 


加齢臭を助長させる気をつけるべき4つの主な生活習慣

加齢臭は遺伝的な要素もあると言われていますが、生活習慣が関わる多くの点もあります。

 

一般的に加齢臭とは『ノネナール』という物質が中心となりますが、

 

その他の体臭の臭いが混ざることにより、より周囲に「クサい」という印象を与えます。

 

  食生活

 

 

偏食や栄養バランスが崩れた食事をしているとこの体臭成分の分泌が増えてしまいますので要注意です。

 

  タバコ

 

タバコのの臭いが嫌いという方もかなり多くなってきていますが、このタバコ自体が『ノネナール』の分泌を促進する働きがあるとも言われています。

 

  ストレス

 

最後にストレスも関係があるといわれていますが、

 

簡単にストレスがたまらないで済むのであらばそれにこしたことはないというのが実情ではないでしょうか。

 

これは中々解決しづらい問題かもしれません。

 

  アルコール

 

飲み会やアルコールを毎日のように飲むという方も特に気をつける必要がありそうです。

 

というのもアルコールの臭いが少しでも残っていると、この『ノネナール』と絡み合い、オヤジ臭として「くささ」を強めるということになりかねません。

 



即効で加齢臭を防ぐ3つの最重要ポイント

 

実はオヤジ臭を発している、『ノネナール』ですがその体臭物質が生成される前に

 

体から分泌される『9−ヘキサデセン酸』という原因物質があります。

 

この『9−ヘキサデセン酸』が酸化発酵することで、『ノネナール』となり加齢臭を発生させるということです。

 

ということはこの『9−ヘキサデセン酸』を除去すること自体が、加齢臭を防ぐ有効な手立てとなるということでしょう。

 

分泌を防ぐ方法は生活習慣を見直すということも多いに有効ですが、

 

  一番即効性があり改めたい部分は体を清潔に洗うということでしょう。

 

簡単な清潔感ではとれてくれないのがこの加齢臭ですが、

 

シャワーをサッと浴びただけで済ませてしまうという方は改善が必要です。

 

加齢臭を出さないための体を洗うポイント

 

 

  シャワーだけにせずリラックスできる温度のお風呂に浸かる

 

 

シャワーだけ浴びてぱっと済ませてしまうという方は、
少しお風呂にゆっくり浸かるという習慣をつけるといいかもしれません。

 

毛穴の中の皮脂腺からこの『ノネナール』酸化します。その毛穴が開いた状態で体を洗うのが一番この物質を除去しやすい状況となるでしょう。

 

また、熱すぎるお湯は肌への影響を含め逆効果になり今度はニキビなどを作ってしまう原因にもなりかねませんので要注意です。

 

 

 

  背中等の届きにくいところはボディーブラシで優しく洗う

 

特に洗いにくい場所などが背中となりますが、こちらもしっかり洗う必要があります。

 

背中の届きにくい場所はボディブラシなどを使うと毛穴の汚れまでしっかりととることができるので有効です。

 

こちらもおなじく背中のニキビ等予防にもなりますので、
一石二鳥の効果があります。


 

 

  加齢臭専用の石鹸を使ってみる

 

 

加齢臭には加齢臭専用の石鹸というものもあります。

 

加齢臭の原因は『9−ヘキサデセン酸』が『ノネナール』へと酸化することが原因でしたが、

 

オススメはAJICAという石鹸という石鹸があります。

 

 

 

この石鹸のメリットは

 

『ノネナール』のを毛穴の奥から竹炭の成分を使い除去してくれる

 

そもそも『9−ヘキサデセン酸』が『ノネナール』に酸化することを防ぐ

 

という二段階の対策を講じてくれることです。

 

 

つまり『ノネナール』を取り除くことと

 

『ノネナール』ができないようにすることを同時にしてくれるという点です。

 

石鹸の成分としては、髪の毛を洗うこともできるという位安全のものです。

 

ただし、頭を洗った場合はリンス等のトリートメントをしたほうがいいみたいです。

 




 

 

私も使っていますが泡立ちも抜群で「臭い」と言われることはなくなりました。